友人の出産祝い、何にしよう?

pixta_4912384_S

学校を卒業し社会に出て年月を経ると、遅かれ早かれ結婚する友人が増えてきます。出産を迎える友人もいることでしょう。その際は出産祝いを贈り、お祝いしてあげたいですよね。

しかし、誕生日プレゼントと異なり、出産祝いの贈り物選びには少々気を遣うことも事実です。どのようなものを贈れば良いのかと、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

実用性の高いものが喜ばれます

赤ちゃんとベビーベッド出産祝いの贈り物として好まれるのは実用性の高いものです。実用性の高いものは多岐に渡りますが、中でもタオルは何枚あっても困らないという話をよく耳にします。

大人ならばタオルを使う機会はお風呂に入った時や手を洗った時、外出する時などに限られますが、赤ちゃんはもっと頻繁にタオルが必要なケースが存在します。お風呂上がりだけでも体を拭くタオルと寝かせる時に敷いておくタオルの2枚が必要です。体を拭いている時にうんちやおしっこをしてしまったら、また新しいタオルを使わなければなりません。

寝る時に赤ちゃんの体の下にタオルを敷くという家庭も多くあります。オムツをしていても、うんちやおしっこが漏れてしまうケースがあるため、布団が汚れることを防ぐためです。同様の理由で、ベビーカーに乗せて赤ちゃんを連れて外出できるようになっても、複数枚のタオルを持ち歩くことは欠かせません。

このように、生まれたばかりの赤ちゃんはタオルを使う機会が多いため、出産祝いには便利で使い道の多いタオルを贈ってはいかがでしょうか?

名前を入れたプリントタオルもオススメです

大切な友人の出産祝いの贈り物として、こちらでは市販のものではなく、オリジナルのプリントタオルをオススメします。出産後、友人に赤ちゃんの名前を聞くことで、赤ちゃんの名前が入った世界で1枚のタオルを作り、贈ることができます。友人としても、我が子の名前が入ったタオルは、使うたびに嬉しい気持ちになることでしょう。赤ちゃんが好むような可愛らしいイラストを添えれば、なお贈り物としてふさわしいものになります。

CLA-T JAPAN(クラTジャパン)というショップで制作できるフラットフェイスタオルならば、最短11日後に発送されるため、赤ちゃんの名前を使いやすく、おすすめです。出産祝いは、一般的に生後1か月以内に贈ることが望ましいと言われています。1か月が過ぎてしまうと、友人が内祝い(お返し)を終えている可能性が高いためです。1か月のうち、出産後2~3週間以内が理想的です。こちらで作れるフラットフェイスタオルは、赤ちゃんが生まれた後に準備をしても、この2~3週間に間に合わせて贈ることができます。

こちらの業者は、手描きの原稿をもとにデザインイメージを起こしてもらえる点も特徴です。イラストレーターやフォトショップのようなグラフィックソフトが使用できない方でも安心して制作を依頼できます。制作できるプリントタオルの種類や作り方はこちらでご確認ください。